トラブルの対処

最近では、比較的規模が大きい企業を中心に、標準で法務部門を設置していますが、それによる具体的なメリットはどこにあるのでしょうか。

まず、トラブルというのはいつでも起こりうる、という点があります。どれだけ適切な運用を行っていても、それらは発生するものです。もちろん、それらのトラブルが小さいものであるからと言って、放置しておくわけにはいきません。

それが、会社の信用に関わるものであるならば、なおさらです。顧客や取引先とのトラブルの場合も、やはりその信用問題にかかわりますから、迅速な対応が求められることが多いです。契約上の違反など法的な手続きが必要になることがある場合、もし法務部門が無ければ対応に遅れが出てしまうかもしれません。
また、専属の弁護士を設置しておくことによって、そういったトラブルにもすぐに対応できる場合があります。

企業にとって顧問弁護士を設置しておくことには、やはり同様のメリットがあります。弁護士は、トラブルを解決するだけでなく、起こりうるトラブルを事前に把握し、それが大きな問題とならないように解決するために尽力してくれます。トラブルが発生してからでは遅いこともありますので、そういった場合にも有効です。